ブログ一覧

エアコン壁掛け完全分解クリーニングについて

 

エアコンクリーニングで一般的に多いのは、フロントカバー、ルーバー、お掃除ユニット(お掃除機能付の場合)を外した状態でエアコンを養生し、熱交換器と送風口内を高圧洗浄機で洗浄するやり方です。

新しいエアコン、使用頻度の低いエアコンや定期的にクリーニングされているエアコンについては、このクリーニング方法で問題ないと思います。

しかし、使用頻度が高く5年以上クリーニングしていないエアコンや、5年未満でも汚れや臭いが酷いエアコンについては、一般的なクリーニングでは、臭いやエアコンの効きが改善されない可能性があります。

理由としては、汚れが酷い場合には一般的なクリーニングではエアコン内部の見えない部分の汚れを完全には取りきれない為です。

そこでその問題を解決するのが、「完全分解クリーニング」です。

完全分解クリーニングとは、ドレンパンや送風ファンまで外してエアコン内部を全て見える状態でクリーニングする方法です。ですのでエアコン内部に汚れが残らず、臭いやエアコンの効きも改善されます。

「完全分解クリーニング」には、エアコンを壁から外して完全分解する方法と、エアコンを壁に付けたまま完全分解する2種類があります。

当店では壁に付けたままの状態で完全分解する「壁掛け完全分解クリーニング」オプションでやっております。

「壁掛け完全分解クリーニング」は対応不可の機種がございますので、詳細についてはお問合せ下さい。



 


2019年01月16日

【本日の清掃】ベッドマットレスクリーニング


2019年も早くも1週間が経ちました。時の経つのが益々早く感じる今日この頃w

本日はベッドのマットレスクリーニングをしてきました。
ベッドのマットレスは毎日使用しており、汗や皮脂、ホコリ等で雑菌の繁殖にもつながります。ただ、シーツやカバーをしているのでマットレス自体の汚れはあまり目立たないと思います。しかし、シーツやカバーのように洗濯機で丸洗いは出来ないので、実際にはかなり汚れています。

本日クリーニングしたお宅のマットレスも見た目はそんなに汚れている感じではありませんでしたが、リンサーの汚水を見てみると...
お客様も驚かれていました。

只今、ベッドマットレスクリーニングお試しキャンペーン中(全サイズ40%OFF)ですので、この機会に是非一度お試し下さい♪



2019年01月10日

【本日の清掃】レンジフード換気扇クリーニング


11月に入りレンジフード換気扇のクリーニングが増えてきました。
本日も築3年のお宅のレンジフード換気扇のクリーニングをしてきました。

外側は綺麗でしたが、3年で初めての内部清掃ということでしたので、内部は油のこびり付きが結構ありました。
しかし、写真の通り綺麗にピカピカに仕上がりお客様にも満足いただきました♪

只今、年末大掃除応援キャンペーン中ですので、気になる汚れがある方は気軽にお問合せ下さい(^-^)

 

2018年11月05日

エアコンクリーニング~室外機について~

エアコンクリーニングのオーダーで、室外機のクリーニングもしてほしいという方が結構いらっしゃいます。しかし、当店ではまずお客様の室外機を確認させて頂いてから、状況を説明した上で、やるやらないをお客様に判断していただいています。
そもそも室外機は屋外設置が前提条件の設計をされていますので、基本的にはメンテナンスフリーです。ですので、よほど劣悪な環境下にない限り、クリーニングは必要ないと考えております。
ただ、極稀に劣悪な環境化に設置されていて、クリーニング必要なものもあります。
下記の写真は、コインランドリー店舗の排気口近辺に設置されている室外機ですが、このような環境下ですと、熱交換器に埃が詰まり効率が低下してしまうので、クリーニングは必要です。

室外機については、必要に応じてクリーニングすることをお勧めします。

2018年04月12日

べランダクリーニング~鳩糞について~

IMG_12

最近、暖かくなり鳩が活動的になったのか、鳩糞除去のベランダクリーニングのオーダーが多いです。本日もベランダ清掃に行ってきましたが、鳩の糞が大量にありました。お客様は非常に困っておられましたが、全て綺麗に取り除き消毒・殺菌しました。

鳩(鳥)の糞には病原菌も含まれているので、消毒・殺菌は必要です。

当店のベランダクリーニングは高圧洗浄機を使用しますが、鳩(鳥)の糞がある場合は、先に糞の除去と消毒・殺菌をしてから高圧洗浄機で仕上げていきます。

糞に直接高圧洗浄機を当ててしまうと、糞が飛散し病原菌を撒き散らす事になるので危険です。

ご自分で掃除する場合も先ずは糞を湿らせてキッチンペーパー等で取り除き、エタノールや塩素系漂白剤等で殺菌して下さい。

 

2018年04月10日

【洗剤の豆知識】混ぜるな危険のメカニズム

お風呂掃除やトイレ掃除で使う洗剤には、「まぜるな危険」と表示されているものがあります。では、何と何を混ぜると何が危険なのでしょうか?

 

厄介なカビに最も効果が高いのは塩素系の洗浄剤です。
それはカビの細胞とカビがつくる色素を酸化・分解する優れた作用があります。塩素系のカビ取り剤の主成分は次亜塩素酸ナトリウムです。この次亜塩素酸ナトリウムという物質は、化学的に非常に分解しやすい性質があるので、これを安定させるために液性をアルカリ性に調整しています。ところが、酸性タイプのクリーナーや、酢などの酸性物質が混ざると、急激に分解して危険な塩素ガスが発生する場合があります。そのため、酸性タイプの製品と混ざると有害な塩素ガスを発生する可能性のある塩素系の製品には、「まぜるな危険」と表示することになっています。

 

【塩素系】【酸素系】【まぜると危険!有害な塩素ガス発生!!】

 

塩素系や酸素系の洗剤を使う際は、十分に注意しましょう!


  • はてなブックマークに追加
2018年02月26日

キッチンの汚れの種類とクリーニング方法

今日はキッチンの汚れの種類とクリーニング方法について書いてみます。

 

■油汚れ
換気扇やコンロ、その付近の壁に多く付着しています。
油汚れは付着してすぐは液体でも、熱や酸素によって変化します。暫くすると粘着性が出て最終的には固まった汚れになり、素材自体に染込んでしまうこともあります。

⇒アルカリ性の洗剤を塗布して、ブラシやスポンジ等で汚れを除去します。換気扇やコンロの外せるパーツは外して、お湯にアルカリ洗剤を入れてつけ置きします。。1時間ほどつけ置きした後、ブラシやスポンジ等で汚れを除去します。

 

■焼け焦げ
コンロに吹きこぼれた煮汁や油などが熱によって炭化したもの。この汚れは物理的な力を加えないと落ちません。

⇒外せるパーツは外して、お湯にアルカリ洗剤を入れてつけ置きします。。1時間ほどつけ置きした後、ブラシやスポンジ等で汚れを除去します。落ちない場合は、更にクレンザー(超微粒子の研磨剤)と金属たわしや金属ブラシで汚れを除去します。

 

■カビ
排水溝に食べ物のクズや油などが流れ込むとカビが発生し、詰まりや悪臭の原因になります。プラスチック素材の物にカビを長時間放置していると染込んでしまうことがあります。その場合、漂白しても落ちない事があります。

⇒排水溝のパーツを外し、塩素系の洗剤につけ置きします。。排水溝には塩素系洗剤を塗布し、ブラシで汚れを除去します。


■ステンレスの水垢
ステンレスの頑固な水垢は落としにくい。乾くと現れる白い水垢や水滴跡は、水に含まれるカルシウム等が原因です。

⇒クレンザー(超微粒子の研磨剤)をスポンジにつけて汚れを除去します。

 

■ステンレスのサビ

錆びにくいはずのステンレスですが、キッチンの流し台に錆がついて、サビ取りに悩まされることも多くあります。ステンレスが錆びにくいのは、鉄にクロムを添加することで表面に薄い酸化皮膜(不動態皮膜)ができ、周辺環境と反応しにくくなり耐食性が強くなるためです。何らかの要因でこの不動態皮膜が破れ、再生が妨げられる状態になるとステンレスでも錆びてしまいます。

⇒クレンザー(超微粒子の研磨剤)をスポンジにつけて汚れを除去します。

 

キッチンの汚れは頑固な汚れが多く、綺麗にするのは一苦労です。
年に一度はプロにお任せしてはいかがでしょうか?


  • はてなブックマークに追加
2018年02月01日

【本日の清掃】キッチンクリーニング

本日はキッチンの清掃に伺いました。

比較的綺麗なシンクでしたが、水垢や洗剤カスで汚れていました。


当店はポリッシャーを使いシンクを清掃しております。

鏡面仕上げのシンクの場合はピカピカになります(^-^)


今回のお宅は元々の状態が鏡面仕上げではなく、ボカシた状態のステンレスですので、汚れだけを落とし元の状態に仕上げました。

一度しっかりと汚れを落としてしまえば、あとは普段のお掃除で簡単に綺麗になりますので、是非お試しを♪

  • はてなブックマークに追加
2018年01月30日